運搬支援ロボットでナシの効率・軽労生産を目指す

2021/01/13

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
東京貿易マシナリー 山口県農林総合技術センター 山口東京理科大学 運搬支援ロボット CoRoCo 梨 ナシ スマート農業

運搬支援ロボット「CoRoCo」に載せたコンテナに収穫した梨を並べる。

東京貿易マシナリー(以下TBM)と山口県農林総合技術センター、山口東京理科大学の三者は、産学公連携により「スマート農機実装による梨の効率・軽労生産」の共同研究を開始した。プロジェクト体制としては、山口県農林総合技術センターがプロジェクトを統括、山口東京理科大学が実証試験設計、試験設備設計・製作、データ集計、TBMが運搬支援ロボット技術の提供・改良設計開発・製作を担う。

山口県は、瀬戸内海や日本海の沿岸部から中国山地まで変化に富んだ地形をしており、さまざまな種類の農産地が生産される。全国的に名を知られる大規模な産地は少ないが、年間を通じてキャベツ、タマネギ、イチゴ、トマト、ミカン、ナシ、リンゴなど多彩な野菜や果物が生産され、県内外へ供給されている。また、交通網が整備されていることから農産物の産地と市場・消費地が近く、県内で生産された農産物を県内の消費者がすぐに手に入れやすい環境にあることから、「地産地消」や「朝採れ」が盛んな土地でもある。

そのなかでも今回検証対象にナシが選ばれたのは、「ナシ」は山口県の隠れた名産であるため。ナシは県内外におけるブランド力と人気が高く、今後ますます力を入れていきたい農産物のひとつ。収穫量こそ全国20位前後と中堅だが、「秋芳梨」「豊北梨」など評価の高いブランドを筆頭に、いずれの種類も確かな味を提供しており、年々その人気と認知度が高まってきている。一方で、ナシの生産者は年々減少・高齢化傾向(基幹的農業従事者の平均年齢が72.34歳と広島県と並び全国トップ)にあり、県にとって大きな課題のひとつとなっている。

そこで今回の産学公の共同研究は、課題の農業従事者の高齢化と、後継者・人材の不足による生産者と生産量の減少に対応するため、「スマート農機実装による梨の効率・軽労生産」をテーマに掲げ、「梨栽培農場内で走行が可能な運搬支援ロボットによる梨収穫集荷作業の負荷軽減」を目的に実施。ナシ生産の現場で実際に活用されている生産技術・環境・設備に、新たに運搬支援ロボットCoRoCo(コロコ)の技術を組み合わせる。

東京貿易マシナリー 山口県農林総合技術センター 山口東京理科大学 運搬支援ロボット CoRoCo 梨 ナシ スマート農業

試験場となる山口農林総合技術センター圃場で、運搬支援ロボットを試験走行。

まずは、現行の現場で発生している多種多様な作業や工程等を分析・調査。それらによって発生している負荷・無駄を明確にし、それらを解消するための改善・見直しをおこなう。これに伴い、実際の現場で活用できる機能・性能をロボットに搭載させ、技術と活用方法を開発していく。開発の段階に応じて実証試験をおこない、効果検証し、課題となっていた負荷・無駄がどの程度削減されたか、実際の農園で実験をおこない、定量的・定性的に評価する。

山口県農林総合技術センターは、同研究の実施にあたり、まず全自動追従運搬車の活用を構想。市販の全自動追従運搬車を、農業現場用に開発ができないか情報収集し検討したところ、自動追従となると安全面でのハードルが高く、かなりのコストと時間を要するため、(公財)やまぐち産業振興財団に相談したところ、「CoRoCo」を開発したTBMを紹介された。

CoRoCoは工場で稼働実績があり、さらに全自動追従よりもシンプルな仕組みで運搬しており、農業現場向けの改良開発も現実的であることから、採用。同センターの担当者は「CoRoCoの組立工場となる企業が山口県内にあり、フィードバックした情報や意見を、迅速に開発へ反映できることも、決め手のひとつとなった」としている。

■運搬支援ロボットCoRoCoとは

東京貿易マシナリー 山口県農林総合技術センター 山口東京理科大学 運搬支援ロボット CoRoCo 梨 ナシ スマート農業

運搬支援ロボットCoRoCo(コロコ)は、運搬作業に特化したロボット。テザーを持って前をいく人が通った道をそのとおりについて走る。

“手押し台車では重くてつらいが、フォークリフトをつかうほどでもない。AGV(無人搬送機)やAMR(自律走行搬送ロボット)などのハイスペックな機器の導入は、いまのところ現実的ではない”という現場の声に応えてTBMが開発した。

最先端技術で高性能なロボットがあると、高度なこと・人間では難しいことが可能になりとても便利だが、そのぶん高価だったり使いこなすのに時間がかかったりと、現場に導入し活用するためのハードルが高い。そこで人がちょっと困ったときに少しだけ手助けをする、ひとに寄り添うロボットとなった。

現在の販売モデルは製造工場内に特化したものだが、同研究を通じて、農園などの不整地で働くひとたちが使いたくなるものをつくり、さまざまな現場のより多くの働くひとのちょっとした救いとなることを目指していくとしている。

東京貿易マシナリー・SEEDs ROBOTICS
山口県農林総合技術センター
山口東京理科大学
東京貿易マシナリー