水耕栽培農園における育成不良苗検出システムを開発

2020/10/05

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

「育成不良苗検出システム」が導入された羽生市のトーヨーエネルギーファームが運営するレタス水耕栽培農園。

丸紅ネットワークソリューションズは、トーヨーエネルギーファームが運営するレタス水耕栽培農園に対して、AIを用いた育成不良苗検出システムをトーヨーホールディングスR&Dセンターと共同開発した。

「育成不良苗検出システム」の全体構成イメージ。

開発したシステムでは、 丸紅ネットワークソリューションズが提供するAI分析映像監視サービス「TRASCOPE-AI」を用いて、レタス棚の静止画をクラウドにアップロードし、クラウド上でAI解析することにより、育成不良苗を検出。検出結果を作業者へ通知する。本システムを利用すれば不良苗を漏れなく検知し、作業者へ通知されるので、不良苗の発見後、早期に対応することで、生産効率を改善できる。

アプリケーション上で、要対応エリア・不良苗を表示。

本システムは第一弾として、羽生市レタス水耕栽培農園の運用モデルを基に開発された。今後は第一弾となった羽生市レタス水耕栽培農園を皮切りに、トーヨーエネルギーが施工する全国の農園での本システム導入による生産効率・歩留向上を目指すとしている。

丸紅ネットワークソリューションズ