太陽光利用型植物工場「Veggie」による水耕栽培装置の実証実験を開始

2020/09/29

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
深谷PoC

太陽光利用型植物工場「Veggie」。

DMM.comとIoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングスは、太陽光利用型植物工場「Veggie」を埼玉県深谷市に設置し、移動可能な水耕栽培装置の実現性評価を目的とした実証実験(以下「深谷PoC」)を2020年10月より着工する。

この実証実験は、2019年10月、埼玉県深谷市が主催した農業課題を解決する技術や事業プランを全国から募るビジネスコンテスト「ディープバレーアグリテックアワード2019」のプロダクト部門で、グリーンリバーホールディングスが最優秀賞を受賞したことでスタートしたプロジェクト。

深谷市の農業課題の解決に向け、「スマートシティ構想を見据えた新しい農業」の構築を目指すグリーンリバーホールディングスと、同社の理念に賛同したDMMは、Veggieを用いたPoC(Proof of Concept)を深谷市にて、「深谷PoC」として共同事業を実行する。

「深谷PoC」は賃貸型での水耕栽培装置の運営を想定しており、設備など動産の保有をDMMが行い、農業主体者については、グリーンリバーホールディング傘下の農業ベンチャーであるグリーンラボと地元企業を予定している。

「深谷PoC」では以下の項目を実証していく。

①賃貸型水耕栽培装置の可能性評価
イニシャルコストが大きく、導入が進まない水耕栽培装置や植物工場をサブスクリプション※化することにより、就農者増の可能性や副業モデルの可能性評価を行う。
※サブスクリプションとは、「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができる」形式のビジネスモデルのこと。

②自家消費型再エネ利用の植物工場の実現性評価
地産地消エネルギーを利用し、環境負荷の少ない持続可能な農業の実現性評価を行う。

③農福連携のスタートアップ支援
農業を始めたい障がい者支援施設等を対象に、大きな投資を必要としない新たな農福連携事業を開始するtための評価を行う。

④狭小高効率の水耕栽培装置によるCo2削減量を計測し、環境影響を評価
センサーを設置することによりCo2の消費量を計測し、環境影響の評価を行う。

⑤その他
継続性、再現性の評価等を行う。

今回の実証実験で使用される太陽光利用型植物工場「Veggie」は、移動可能な小型の農業用鉄骨ハウスとしてグリーンリバーホールディングスグループが2016年に開発し2020年まで(3年間)試験稼働を行ってきたもの。大きさは20フィートコンテナとほぼ同等。縦型水耕栽培装置(Bi-Grow)、養液管理装置、空調機等を搭載し、トラックなどで移動できるため、設置場所を選ぶことなく水耕栽培を稼働することが可能だ。

深谷PoC

深谷PoCの将来図。

今後の展開としては、深谷PoCは2020年10月より着工・2021年1月本格始動し、約2年の実証期間を予定している。評価性指標達成後には深谷PoCモデルを全国の自治体に展開し、さらには、豊かな地方ならではの働き方「アグリワーケーション(※)」を推進していく。
※アグリワーケーションとは、「Agriculture(農業)」と「Work(労働)」と「Vacation(休暇)」を同時にかなえる造語であり、本業をリモートワークなどで行いながら、別の場所や空いた時間で農業を楽しむ新たな地方での働き方のことを指す。

深谷PoC後の将来展望として、コロナ禍での新しい働き方、農業の副業化の可能性、ワークライフバランス、ダイバーシティ推進(ジェンダーレス、地方の優秀な人材、障がい者や特定求職者等の有効な活用)等を踏まえ、農業のカテゴリーにとどまらず、持続可能な豊かな生活の実現を目指していく。また、全国のスマートシティ構想への提案を行い、導入を目指していく。

グリーンリバーホールディングス
DMM.com