日本初! AIで和牛を個体識別「鼻紋認証技術」

2021/04/20

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

華和結ホールディングスが投資・運営するAIプラットフォーム「AiBank.jp」は、AIで和牛を識別する鼻紋認証技術を開発し、特許を取得したことを発表した。

華和結ホールディングス AiBank.jp 和牛 鼻紋認証 AI 品種管理 スマート畜産

日本初となるAIで和牛の個体識別、最新鋭鼻紋認証技術で特許取得。

鼻紋認証技術は動物生体認証分野において最新鋭の技術。人が唯一無二の指紋があるように、牛などの動物も個体ごとに独特の鼻紋がある。この認証技術によって従来の家畜管理方法に大きな進歩をもたらすことが期待されている。なお、高度のニュートラルネットワークAIによる鼻紋認証技術の特許取得は日本初。

華和結ホールディングス AiBank.jp 和牛 鼻紋認証 AI 品種管理 スマート畜産

従来の牛鼻紋採取イメージ。

近年の和食文化を追い風に、和牛は高級食材として世界中で知名度が高まっている。和牛の需要拡大に伴い、供給側もより高度な品種管理を求めるようになった。その重要手段の1つとして、鼻紋による個体識別が挙げられる。従来の鼻紋採取は、ローラーにインクをつけ、牛を保定した上、インクを素早く牛の鼻に塗り、最後に和紙を牛の鼻に当てて鼻紋を写している。

この一連の操作は完全手動で、熟練した作業員によって行われる必要がある。鼻紋の採取に人手と時間が掛かるだけでなく、牛にもストレスを与え、時には口蹄疫などの病気にかかることもある。採取されたデータは紙で管理されるため、紛失や破損、偽造のリスクがある。さらに、個体識別の際、鼻紋の照合は人目によって行われるため、誤差も生じやすい。

鼻紋認証技術はこれらの課題を解決し、デジタルの技術で農家の作業時間とコスト負担を1/20まで削減でき、全体的な生産効率の向上に大きく貢献することが期待される。

■スマホカメラでスキャンするだけで自動認証

AiBank.jpの鼻紋認証技術は独自のディープラニングアルゴリズムによって、非接触での鼻紋採取・照合を実現。スマホカメラで牛の頭をスキャンするだけで、牛の鼻を特定し、鼻紋を採取してデジタル識別情報をデータベースに保管する。個体識別の際も、スマホカメラで牛の頭をスキャンすれば、瞬時にデータベースと照合し、自動的に認証を行う。

華和結ホールディングス AiBank.jp 和牛 鼻紋認証 AI 品種管理 スマート畜産

AiBank.jpの和牛鼻紋認識技術イメージ。

AiBank.jpの鼻紋認証技術は、光の強さやカメラの種類など、環境とデバイスによる制限が少なく、スマホから高精度での鼻紋識別を実現する。また、成長した牛の鼻紋を子牛時に採取した鼻紋との照合も可能だ。

今後は、数多くの法人からの協業提案を受け、以下3領域の展開を検討している。

①和牛の飼育管理、生産追跡。
②犬や猫など他の動物の認証と管理。ペットの保険認証、野良動物の管理などでの活用。
③ブロックチェーン技術による和牛のデジタル仮想通貨化。農産業以外の国内外投資家も便利かつ安全に投資可能、農家の資金繰り改善や収入向上に期待。

生産者の作業時間とコスト削減だけにとどまらず、収入向上が見込めるなど、さまざまな展開が期待できる。

【参照】
AiBankについて
AiBankは、世界中の優れたAI技術を日本に展開するプラットフォーム。AiBankはAIソリューションの提供、AIに関するコンサルティングおよびAI Labの3つの事業分野があり、スピーディーかつシンプルにハイクォリティーのAI製品を提供している。

AiBank.jp