farmo気象センサーでサクランボの遅霜被害対策

2021/07/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ITベンチャー企業のfarmoは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、農業向けの製品を開発しているが、このたびクラウド型気象センサー「farmo気象センサー」を開発し、サクランボ農家の遅霜被害対策の実証実験を開始した。

farmo farmo気象センサー 遅霜被害対策

「farmo気象センサー」は、気温・湿度・降雨量・照度・風速・風向・気圧が計測できる。

遅霜とは、春先、冷え込む日が続いたことで降りてしまう季節外れの霜のことで、この影響で果樹の雌しべが枯れてしまうなど、農作物への被害が出てしまう。今年4~5月にも栃木県北部、東北を中心に遅霜による被害が発生し、果樹農家(栃木県ではリンゴ、福島ではモモ、山形ではサクランボなど)を中心に大きな被害を受け、被害総額は過去最大の88億円(山形県調べ)にのぼる。

同社は、ハウスの中をモニタリングできる「ハウスファーモ」、水稲栽培向けの水位センサー、給水ゲート、育苗センサーを開発・販売している。今回新たに開発された「farmo気象センサー」は、サクランボ農家の遅霜被害に苦しむ声を聞き開発したという。

今回は、大きな被害が発生した山形県のサクランボ農園に設置し、データの収集を行う。

「farmo気象センサー」は、気温・湿度・降雨量・照度・風速・風向・気圧が計測でき、測りたい場所や目安にしたい場所に簡単に設置ができる。気象台から発表されるデータよりも、生産者が知りたい、農場内の精度の高いデータを収集することができ、遅霜への対策が期待される。

また、「farmo気象センサー」を設置することにより、遠隔からでも知りたい場所の気象データを確認することができるため、労働時間、人的コストなどの課題にも対応できると考えているという。

farmo